院長:高田勝博

私が施術家になった理由

今から30年以上前、スポーツクラブのインストラクターとして社会人生活をスタート。

25歳の時に会社員へ転職し営業職として15年ほど。
その後、治療家を志すことを決意した理由は、大きな出来事がきっかけでした。

それは、ある朝突然の出来事

営業マンとしての勤務は『やりがい』と『ストレス』の板挟み。

順調に成績をあげている時はよいのですが、結果がでないと。。。
それでも必死で努力をかさね昇進も、同年代のなかでも高額の給与を。
しかし、昼夜かまず働いてきたツケが身体に。

ある朝、突然起き上がれなくなってしまったのです。

いくつもの病院をまわり、多くの検査と薬漬けの日々。
それでも仕事は休めず、騙しだまし勤務を続けるも症状は改善しない。

医師からの宣告と整体院

おそらく10件目くらいのだったと思います。
ある病院を受診した時、医師から告げられた言葉は。。。

『もう治らないから一生付き合っていくしかない』

一瞬目の前が真っ暗になりましたが、それでも諦めきれず辿り着いたのが整体院。

今まで経験したことない、薬以外の治療に不思議な感覚を覚えたことを今でもハッキリ覚えています。

そして先生たちの『温かい手』や『やさしい言葉』は本当に私の心を救ってくれました。

人生後半をささげる志事(しごと)

こんな経験をした私が『今度は自分が励ます側へ』と私の想いは自然と変化。

これまで受けてきた恩を、これから世の中に返していく。
そして会社員時代の仕事ではなく、人生後半をかけた志事(しごと)として。

そう決意した私は、大川カイロプラクテック専門学院に入学。

何度も涙を流した修業時代

専門学校の最初の1年半は、会社員との掛け持ち。
そして卒業後は自分の院を持ちたいと考えていたため、インターンとして臨床経験を。

まさに『3足のワラジ』で、もちろん膨大な座学と実技もありの状態。

睡眠時間が3時間、休日はなし、それでも志事として選んだ道。
迷いはありませんでしたし、とても充実した日々でした。

しかし、一旦現場に出れば新人なんて関係ありません。
手技も未熟な時期でしたので、辛い思いも数え切れず。

なかなか患者さんを改善させることが出来ず、家に帰ってから
悔し涙を流したことも一度や二度ではありません。
今となれば一人前の治療家となるために、必要な経験だったなと思います。

開業と新たな想い

修業時代の努力のかいがあり、2013年には専門学校が運営する整体院を神奈川県藤沢市でオープン。

開院1年後には、大手クチコミサイトでは神奈川県1位の評価を頂くまでに。
週末は予約が取れない整体院で、スタッフ3名を雇用するまでに成長。
と順風満帆に見える治療家人生のようですが、これが裏目に。

繁盛店をいいことに『症状を取り除く』ことばかりを追い求め『真の不調原因』にアプローチできていなかったのです。

そうすると一度楽になった患者さんが、また再発する姿を何度も目にすることに。

これは誰も望んでいない結果で、不調に悩むすべての人も幸せになれない。

そう気づき症状だけでなく『根本原因にアプローチできるような治療』を目指したいという想いに。

新たな技術との出会い

根本原因を追究するため、これまでの患者さんのカルテを1から見直し(その数1万人以上)

たどりついた答えが『整体×栄養×運動』の多角的なアプローチ。
根本治療を完璧なものにするため、分子整合栄養学を学び医師とも提携し治療を行う国内でも例をみない独自スタイルを完成。

そのスタイルは専門学校が運営する直営店での実施は難しく、2019年に三軒茶屋で新たな整体院を開院。

現在では、医師のみならず管理栄養士とも提携し再発予防まで行える治療スタイルを完成。

都内はもちろん神奈川や千葉からも来院される整体院となりました。

これからも志事(しごと)への想いを忘れず、しっかりと丁寧に対応して参ります。

三軒茶屋あおば整体院

〒154-0023東京都世田谷区若林1-7-1