50代 男性 左足のしびれ、前屈ができないほどの痛み

来院された経緯

  • 脊柱管狭窄症で腰の強い痛み
  • 症状がだんだん悪化し、左足がしびれ前屈もできないほどに
  • 着替えや日常生活に支障あり
  • 痛み止めと電気治療を行うが改善せず
  • 整体や鍼灸も試すが改善せず
  • 多角的な検査を行うとのことで来院しました

年齢:53歳・男性 OYさん
職業:会社員
住所:世田谷区三軒茶屋

検査結果と不調原因

初回検査を踏まえた、身体所見・施術計画と経過はつぎの通り。

身体の外側の不調原因

  • 骨盤の前傾や猫背傾向
  • 左右バランスの不均衡
  • 腰とお尻まわりの筋肉の強い緊張

身体の内側の不調原因

医師による血液データ解析の結果

・ビタミン、ミネラル不足
・鉄不足
・睡眠不足
・免疫力の低下

ストレスなどの不調原因

仕事上でのストレス傾向

施術計画と経過

step1 筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法で腰やお尻回りを中心に筋肉をゆるめる
・運動療法で足を中心としたストレッチ指導
・来院頻度は1週間に2度のペースで10回ほど

【OYさんの感想】

・最初はかあんり痛く感じた施術が、最近は気持ちよくなってきた
・腰も少し楽になってきた

▶再検査の結果、筋肉の弛緩は認められたため次のstepへ

step2 姿勢の指導筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法は全身の代謝をあげる内容へ
・PC作業中の姿勢指導
・定期的な運動の指導
・提携する管理栄養士による食事指導
・サプリメントの処方
・来院頻度は1週間に1度のペースで8回ほど

【OYさんの感想】

・夜痛みで起きることが少なくなり、変化を実感している
・食生活の改善は、奥様に協力頂きながら一緒に行っている
・寝る時間の改善は、まだまだといった感じ

▶症状の改善傾向も見られるため次のstepへ

step3 最終調整とメンテナンスへの準備

・トリガーポイント療法で溜まったコリを定期的にほぐす
・歩行姿勢や食事療法などの経過を確認
・セルフケアのアドバイス
・来院頻度は2週間に1度のペースで6回ほど

【OYさんの感想】

・激痛は、もうほとんど感じない
・腰や足が軽くなり、歩くのがすごく楽になっている
・症状が改善してきてホッと一安心の心境

▶再検査の結果も問題なくメンテナンスへ

現在のようす

  • 2~3週間に1回のペースでメンテナンス施術を実施
  • 長時間座りっぱなしや、忙しくなるとつらくなる時もある
  • サプリメントは、少しずつだが効果を感じ始めている

OYさんからのコメント

病院や治療院などで改善できなかった時は、このまま歩けなくなるのでは?と、かなり不安でした。

妻も一緒になり、色々と調べこちらの院でお世話になり本当に正解でした。

痛みやシビレに、食事や睡眠がこれほど関連していたのにも驚いていています。

これからは、規則正しい生活を心がけ再発を予防していきたいと思います。