60代 女性 足のしびれで歩くのも苦痛に

来院された経緯

  • 数年前から家事の際に腰に痛みを感じていました
  • 最近では、キッチンで長時間立っているとシビレが起こるように
  • 病院を受診すると脊柱管狭窄症との診断
  • 薬が効かず、近所の整体を利用するが、シビレはおさまらず
  • クチコミの評判が良いのと、しっかり検査をするとのことで来院

年齢:61歳・女性 SNさん
職業:主婦
住所:世田谷区上馬

検査結果と不調原因

初回検査を踏まえた、身体所見・施術計画と経過はつぎの通り。

身体の外側の不調原因

  • 骨盤の前傾傾向
  • 上半身と足の左右バランス低下
  • 腰周辺やお尻の筋肉の極度な筋肉のコリ

身体の内側の不調原因

医師による血液データ解析の結果

・タンパク質不足
・ビタミンB群不足
・鉄、葉酸不足
・代謝不足の傾向

ストレスなどの不調原因

薬の服用や寒暖差によるストレス度あり

施術計画と経過

step1 筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法で腰やお尻周辺の筋肉をゆるめる
・足を中心としたストレッチの指導
・買い物時の荷物の持ち方指導
・来院頻度は1週間に2度のペースで8回ほど

【SNさんの感想】

・腰の痛みはかなり少なくなってきた
・キッチンが冷えるのか、すぐに足先が冷たくなることに気づいた
・買い物は、なるべく重たいものを持たない工夫している

▶再検査の結果、筋肉の弛緩が認められたため次のstepへ

step2 姿勢の指導筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法は全身の代謝をあげる内容へ
・適度な運動の指導
・朝と寝る前に定期的なストレッチを実施
・提携する管理栄養士による食事指導
・サプリメントの処方
・来院頻度は1週間に1度のペースで6回ほど

【SNさんの感想】

・少しづつだが、腰回りが楽な日が多くなっている
・まだ長時間キッチンにいると、しびれることもある
・食生活の改善は、ご主人も巻き込みながら頑張っている

▶症状の改善傾向も見られるため次のstepへ

step3 最終調整とメンテナンスへの準備

・トリガーポイント療法で溜まったコリを定期的にほぐす
・立ち姿勢の最終確認
・セルフケアのアドバイス
・来院頻度は2週間に1度のペースで6回ほど

【SNさんの感想】

・しびれは、もうほとんど気にならない
・キッチンにも長く立っていられるので嬉しい
・これから先、歩けなくなったりも不安なので、しっかりとケアしていきたい

▶再検査の結果も問題なくメンテナンスへ

現在のようす

  • 2~3週間に1回のペースでメンテナンス施術を実施
  • サプリメントのおかげで、冷えが改善してきている
  • 今後は、月1回程度のメンテナンスとなるようセルフケアを頑張るとのこと

SNさんからのコメント

長時間立っていられなくなった時には、『どうしよう』と不安ばかりでした。

最初は一人で治そうと思いましたが、施術の計画を提示され、長期間かかりそうなのを主人に相談し協力してもらえたのが、本当によかったです。

管理栄養士さんと定期的にお話しできる整体院なんて聞いた事ありません。

これからもお世話になります。