60代 男性 歩けないほどのお尻や足の痛み

来院された経緯

  • 数年前から、ゴルフのプレイ中に痛みを感じるように
  • 1年ほど前からは歩くのも苦痛となり病院を受診
  • 脊柱管狭窄症と診断され薬を飲むが改善されず
  • ブロック注射をすすめられ注射するが、数日でまた痛むの繰り返し
  • すがる思いでこちらの院にお世話になることにしました

年齢:59歳・男性 OMさん
職業:会社員
住所:世田谷区上馬

検査結果と不調原因

初回検査を踏まえた、身体所見・施術計画と経過はつぎの通り。

身体の外側の不調原因

  • 膝位置の前傾と骨盤の前傾傾向
  • 強い猫背の状態
  • 腰やハムスト部分の強い筋緊張

身体の内側の不調原因

医師による血液データ解析の結果

・タンパク質不足
・ビタミン、ミネラルの不足
・鉄不足
・血流や自律神経のバランス低下

ストレスなどの不調原因

仕事上でのストレスが高い傾向

施術計画と経過

step1 筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法で腰や足を中心に筋肉をゆるめる
・運動療法でお尻やふくらはぎの筋肉を緩める
・定期的なストレッチの実施
・来院頻度は1週間に2度のペースで10回ほど

【OMさんの感想】

・お尻まわりがすごく楽になり、足が動かしやすくなってきている
・まだまだ痛みはあるので、言われた通りの体操を継続したい
・ストレッチをするとシビレが弱くなる傾向がある

▶再検査の結果、筋肉の弛緩が認められたため次のstepへ

step2 姿勢の指導筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法は全身の代謝をあげる内容へ
・運動療法は種類を増やし継続
・歩行距離を少しづつ増やし散歩を継続
・提携する管理栄養士による食事指導
・サプリメントの処方
・来院頻度は1週間に1度のペースで8回ほど

【OMさんの感想】

・ゴルフでも痛みがなく歩ける感じだが、不安も大きいので後半はカートを利用
・全体的に身体が軽くなってきている感じ
・サプリが効いてきている感じでがする

▶症状の改善傾向も見られるため次のstepへ

step3 最終調整とメンテナンスへの準備

・トリガーポイント療法で溜まったコリを定期的にほぐす
・食事療法や運動指導の経過を確認
・セルフケアのアドバイス
・来院頻度は2週間に1度のペースで6回ほど

【OMさんの感想】

・歩くことに対する不安は、かなり解消できている
・ゴルフのプレイ中も、あまり気にならなくなってきている
・サプリは少し高価にも感じるが、足が楽なので続けていきたい

▶再検査の結果も問題なくメンテナンスへ

現在のようす

  • 2週間に1回のペースでメンテナンス施術を実施
  • 食事やサプリの効果が出てきている感じなので続けたい
  • いつまでもゴルフを楽しみたいので、これからもケアを続けたい

OMさんからのコメント

ゴルフが楽しめなくなり、病院でも改善できなかった時は、もう絶道のどん底でした

それでも諦めずこちらの院でお世話になることが出来て本当に良かったです。

今では、ゴルフも楽しめるようになり、本当に心地よい毎日で先生には感謝しています。

あの時、年齢のせいにしてあきらめず本当によかった。

これからも食事を気を付け、先生やサプリの力も借りながら、しっかりとケアしていこうと思います。