60代 男性 病院でヘルニアと診断され手術の話も出ましたが

来院された経緯

  • 慢性的な腰痛と、数年前から足のシビレが発生
  • 病院をを受診し『ヘルニア』と診断
  • 手術をすすめられるが、拒否し薬での治療となる
  • 症状が悪化する場合は、手術の検討をうながされる
  • シビレがひどくなり近隣の整体や接骨院を利用するが改善せず
  • しっかりと検査や計画をたててくれそうなので来院

年齢:61歳・男性 OSさん
職業:会社員
住所:世田谷区三軒茶屋

検査結果と不調原因

初回検査を踏まえた、身体所見・施術計画と経過はつぎの通り。

身体の外側の不調原因

  • 骨盤のズレや猫背の傾向
  • 肩位置の左右不均衡
  • 腰やお尻周辺の筋肉が極端な緊張

身体の内側の不調原因

医師による血液データ解析の結果

・タンパク質不足
・鉄不足
・高血圧
・運動不足

ストレスなどの不調原因

症状の悪化にともなうストレス傾向

施術計画と経過

step1 筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法で腰やお尻回りを中心に筋肉をゆるめる
・運動療法でハムストを中心としたストレッチ指導
・来院頻度は1週間に2度のペースで10回ほど

【OSさんの感想】

・お尻のまわりがほぐれてきている感じだが、痛みはまだある
・ストレッチを頑張って続けている

▶再検査の結果、筋肉の弛緩は認められたため次のstepへ

step2 姿勢の指導筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法は全身の代謝をあげる内容へ
・ラジオ体操の指導
・立ち姿勢の指導
・提携する管理栄養士による食事指導
・サプリメントの処方
・来院頻度は1週間に1度のペースで8回ほど

【OSさんの感想】

・朝からラジオ体操をすると調子が良い感じ
・痛みやシビレも軽減してきている
・ストレッチが、だんだん気持ちよくなってきた

▶症状の改善傾向も見られるため次のstepへ

step3 最終調整とメンテナンスへの準備

・トリガーポイント療法で溜まったコリを定期的にほぐす
・運動療法や食事療法などの経過を確認
・セルフケアのアドバイス
・来院頻度は2週間に1度のペースで6回ほど

【OSさんの感想】

・痛みはかなり無くなり、腰も軽い感じ
・寒い朝などには、まだ少し腰に違和感
・食事やサプリメントも効いてきている感じ

▶再検査の結果も問題なくメンテナンスへ

現在のようす

  • 2週間に1回のペースでメンテナンス施術を実施
  • 痛みはほぼ気にならないし、身体も軽い
  • 今後の再発が不安なので、しっかりとメンテナンスしていきたい

OSさんからのコメント

病院や治療院などで改善できなかった時は、このまま歩けなくなるのでは?と、かなり不安でした。

しっかりと検査をし、数字をみせながらの説明はとても納得いくもものでした。

治るまでの目安が最初に知れたので、希望が持てました。

これからも、よろしくお願いします。