30代 男性 側弯症が原因の頭痛が改善

来院された経緯

  • 中学生の健康診断で側弯症の指摘
  • 病院を受診するが、治療は特に行わず経過観察
  • 社会人となり1日中パソコン仕事となり肩こり
  • 最近では激しい頭痛、月に1回程度会社を休んでしまう
  • 他の整体で治らず、多角的な検査に期待し来院

年齢:32歳・男性 SKさん
職業:会社員
住所:世田谷区三軒茶屋

検査結果と不調原因

初回検査を踏まえた、身体所見・施術計画と経過はつぎの通り。

身体の外側の不調原因

  • 体軸のズレと頭部の前傾
  • 骨盤のゆがみ
  • 背中や首周辺の筋肉が極端な緊張状態

身体の内側の不調原因

医師による血液データ解析の結果

・タンパク質不足
・鉄不足
・代謝不良と血流の低下
・自律神経バランスの不調

ストレスなどの不調原因

長引く不調によるストレス傾向

施術計画と経過

step1 筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法で首や肩を中心に筋肉をゆるめる
・体操療法で肩や肩甲骨を中心としたストレッチ
・呼吸療法の実施
・来院頻度は1週間に2度のペースで10回ほど
・朝起きてストレッチを習慣化

【SKさんの感想】

・仕事をしていても、上半身が楽になってきた
・頭痛はまだかわらずで、今月も会社を休んでしまう
・お風呂に入ると楽な感じはある

▶再検査の結果、筋肉の弛緩は認められたため次のstepへ

step2 姿勢の指導筋肉の弛緩や血流改善を目指す

・トリガーポイント療法は全身の代謝をあげる内容へ
・パソコン作業中の姿勢指導
・週末に軽めの運動を
・提携する管理栄養士による食事指導
・来院頻度は1週間に1度のペースで8回ほど

【SKさんの感想】

・運動で肩を動かすとスッキリ感が違う
・一人暮らしなので、食事のアドバイスは非常に参考になった
・サプリメントは使わず、まずは食事改善を行う

▶症状の改善傾向も見られるため次のstepへ

step3 最終調整とメンテナンスへの準備

・トリガーポイント療法で溜まったコリを定期的にほぐす
・運動療法や食事療法などの経過を確認
・管理栄養士による定期的な食事チェック
・セルフケアのアドバイス
・来院頻度は2週間に1度のペースで6回ほど

【SKさんの感想】

・最近は頭痛も少なく、休まず出勤できている
・身体がずいぶんと楽になり、朝もすっきり起きれる
・食事はコツをつかんできたので、定期的にチェックし改善していく

▶再検査の結果も問題なくメンテナンスへ

現在のようす

  • 2週間に1回のペースでメンテナンス施術を実施
  • 身体も軽く全体的に調子も良い
  • 頭痛もほとんど感じることなく快適に過ごせている

SKさんからのコメント

頭痛の状態もだんだんとひどくなり、いくつか整体を試しましたが改善せず、非常に不安でした。

先生はそんな私の気持ちを理解し、身体の状態を丁寧に説明してくださり、途中経過も検査で確認できたので、とても安心できました。

これからもこの状態をキープしたいので、しっかりとメンテナンスを行います。

三軒茶屋あおば整体院

〒154-0023東京都世田谷区若林1-7-1