40歳で会社員卒業の私が
「健康」を届ける理由

『朝が来るのが楽しみ』そんな人を
増やして元気な世の中にしたいから

5年後も心と身体が
元気で笑顔になる
トライアングル整体を
届ける私の物語

あおば整体院長 高田 勝博
JACM認定カイロプラクタ―

この子を連れて
実家に帰ります

朝のボヤけた頭にその一言は強烈すぎた。

この子を連れて実家に帰ります

状況が理解できないまま、バイバイと手を振るあの子の笑顔が今でも目に焼きついている。

その時、私は営業マンだった。
売上を上げればいくらでも給料は増え、中には社長より高給取りと噂される人も。

そんな会社にいた私は、子どもが生まれ土日関係なく働きまくった。
『お金をたくさん持って帰る』これこそ、家族のためと信じて疑わなかった。

そして、ある朝、突然起きられなくなった。
病院での診断名は『ストレス性の心身症』
今なら軽いうつ病とでも診断されたかもしれない。

仕事を休むと身体は楽になる。
でも休んだ分は給料が下がる、だから休み明けは猛烈に働き
また倒れる、この繰り返しだった。

その頃は、家にほとんどいない状態で、病院と会社の往復だった。

そしてあの日、あの一言で本当に起き上がれなくなってしまった。

何をしても
ふさがらない
大きな穴

数日たっても帰ってこない二人。
彼女の実家に何度電話しても、取り次いでもらえなかった。
数週間後に届いた封筒を開けると、そこにはサインされた離婚届が。

離婚についての話し合いは、第三者を交えて。

彼女が望んだ生活は、「お金はなくとも家族で笑い、一緒に過ごせる生活
私が目指した生活は、「欲しい物は我慢しない、お金に余裕がある生活

これでは歯車がかみ合うはずもなく、彼女の決意も揺るがなかった。
どうしても埋まらない溝、納得はいかなかったが離婚届にサインした。

それから数か月、一人残された部屋は、あまりにも大きすぎた。
壁についた汚れ、カーペットのシミ、どれも昔を思い出してしまう。
明かりのついていない部屋に帰ると、あびるように酒をのみ、そして泣いた。

次第に家に帰るのがイヤになり、今まで以上に仕事に没頭したが、心にあいた大きな穴がふさがることはなかった。

健康を届ける
仕事をしよう

仕事に没頭すれば結果はでる。
でも、どんなに売上や給与があがっても心は満たされず、やりがいも持てなかった。

離婚して1年が経つころ、1人の生活にも慣れ、仕事もほどほどにセーブしていた。
それでも体調は万全ではなく、薬だらけの病院での治療にも限界を感じていた。
「このまま一生付き合っていくしか……」
そうあきらめかけていた私を救ったのが整体だった。

整体院に通いはじめて半年、体調はみるみる回復。
身体だけでなく心も落ち着きを取り戻し、
『どうしてこんなことになったんだろう』
と過去を振りかえれるようになった。

そこで、たどりついた答え。

同年代の倍以上の給料を手に入れたが、それは健康との引き換えだった。
そして健康をなくすと、人生で一番大切なものまでも失う。

健康の大切さって、みんな気づいているのだろうか?
お金や結果ばかり追い求めていないかな?

もし気づいていないのならば、同じように悲しむ人がふえしまう。

お客様の不満や不安を商品で解決する、そんな営業という仕事に誇りを持っていた。
もうすぐ40歳。会社員としてはちょうど折り返し地点。

後半は『健康の大切さ』を商品にし、多くの人を笑顔にする
そんな新しいスタイルの営業マンになろう。

こう思えた時、心に大きくあいた穴がふさがっていくのを感じました。

この2つを
捨てる

後半を健康の仕事と決めた私は、仕事内容、資格の有無、業界の将来性など
健康に関するありとあらゆる仕事を調べました。
そして選んだのが『整体院で院長になる』こと。

いくつもの整体学校のパンフレットを取り寄せ、20校ほどの説明会にも参加。
その中から選んだのが、東京都、神奈川を中心に合わせて20店舗もの整体院を展開している2年制の学校でした。

入学してまず驚いたのが、同級生はみな私より10~20歳くらい若い人ばかりだということ。
先輩たちでさえ、ひと回り年下といった環境。
体力や記憶力では勝負にならない、そう感じた私は、『肩書き』と『プライド』を捨てようと決意。

“40歳から畑違いの世界で技術を身につけ独立する”
そのために不要なこの2つは、箱にしまいカギをかけました。

その決断が良かったのか?
仕事にかける想いが強かったからか?

在学1年目のプログラムが終わる頃には直営院の就職が決定。
担当する患者さんの数は順調に増え、あっという間にグループ全体でもトップクラスの担当数になり、その後は副院長を任されるまでに。
その実績が認められ、新たな直営院の院長への道がひらけました。

ようやく手にした
夢の城

離婚のどん底を経験し、人生後半の仕事を決意し、夢にまで見た院長の地位を手に入れました。

学校の直営院でもあるこの整体院、立ち上げにかかった自己資金はゼロ。
物件の契約から工事そして備品まで、費用はすべて学校が負担してオープンした夢の城でした。

オープンから半年くらいは、なかなか予約が入らず、夜中に何度も目が覚める毎日。
1ヶ月で体重が5㎏以上減ってしまう状態でしたが、それでも踏んばり続け、営業時間後や休みの日にはチラシを近隣へポスティングする日々。
その枚数は、毎月1万枚にもなりました。

その想いが通じたのか、患者さんが増え始め、オープン1年後には予約が2週間先までいっぱいの状態に。

こうなると、よい循環はとまりません。
来院された患者さんからも「先生のおかげで楽になりました」と絶賛され、『ゴッドハンド』とまで言ってくれる人も現れました。
その時の私はまさに有頂天でした。

しかし、そんな夢のような時間は長く続きません。
大きな悲劇が訪れました。

ピノキオの鼻は、
勢いよく折れた

『先生、助けて!』と多くの方が駆け込んでくる。
土日は朝から晩まで患者さんの施術で、昼食の時間も取れない状態でした。

とにかく1秒でも早く楽にしてあげなくては。
この頃の私は、目の前にいる患者さんの症状をとりのぞくことで精一杯でした。

ところがある時、ひとりの患者さんに教えられたのです。

『先生、ごめんね』
『腰痛、せっかく治してもらったのに、また痛くなっちゃった』

ごめんね、だなんて……。
謝らなくてはいけないのは私のほうなのに。

一度楽になったはずの患者さんが、再発して苦しむ姿を何度も目にする。
人気の整体院長などと周囲から言われ、予約もいっぱいだったが再発も多い。

症状』ばかりに目が行き『真の原因』にアプローチできていなかったのです。
この現実に気がついた時、それは高くした鼻が『ポキッ』という音とともに折れた瞬間でした。

これでは私も患者さんも幸せになれないと思い、あらためて自分の治療方法を1から見直し。
自分に出した課題は『根本原因を見つけ、再発しない治療』でした。

人の身体は
食べたものでできている

課題を見つけてからは、いくつもの治療技術セミナーに参加。
数十種類のテクニックを身に着け、新しい手技をとり入れましたが、再発率は変わりません。

困り果てた私を救ったのが『医食同源』という視点でした。
『人間の身体は食べたものからできている』というこの考えは、目から鱗でした。

さらに、心と身体は繋がっているという考えをもとに、営業マン時代に身につけた『聴く力』を活用。
患者さんとのコミュニケーションを重視し、初回のカウンセリングは時間をかけて行いました。

骨や筋肉だけでなく食事という視点を取り入れ、コミュニケーションを重視した患者さんに寄り添うスタイルへと変えました。
この効果は大きく、再発率は激減し、患者さんの笑顔が増えました。

自信を覚えた私は、この治療スタイルを直営院に広めようと校長先生(直営院をを統括するリーダー)に提案。

しかし、ここで再び大きな悲劇が……。

50歳からの
新たなチャレンジ

校長先生との面談の席で聞こえてきた言葉は衝撃的なものでした。

『直営院は、学校で教えたこと以外やってはいけない』
『施術と関係ないことはしなくてよい』

そう校長先生に告げられて、言葉を失いました。

寝る間も惜しんで栄養学を学び、営業マン時代に資格取得した心理学のテキストを1から見直し整体院向けにアレンジした方法。
死にものぐるいで、何年もかけ作り上げた治療スタイル。

すべては『患者さんを笑顔にするため』
そして私の目標であった『健康の大切さを届ける』ためにベストだと確信した方法でした。

どうしても諦めきれません。
『自分1人でやるしかない』と決めました。

心の中では、不安もありました。
この歳で新たに1人で事業展開なんて大丈夫だろうか?

このとき不安な私の背中を押してくれたのは、離婚後に離れて暮らす娘に胸が張れる仕事をしたいという想い、そして65歳からのフライドチキンを広める挑戦をしたこの1冊でした。

『まだ50歳、65歳に負けてなるものか』と何度もこの本を読み返し、
気持ちを奮い立たせ、1,000万円以上の借り入れをし、50歳からの挑戦です。

『治す』の壁を
ぶっ壊す

営業マンからの転職、必死だった修業時代、独立までの葛藤。
いろいろな経験をし、三軒茶屋の地で新しい整体院オープン。
名称は三軒茶屋あおば整体院。

その『あおば』には、
なたを
うえんする
しょ
そんな強い想いをこめました。

三軒茶屋あおば整体院は、8種類の検査で根本原因を究明。
検査結果をもとにオーダーメイドで施術計画を作成し
身体の構造×食生活×自律神経』3つの視点でアプローチします。

私たちはこの方法を『トライアングル整体』と名付けました。

このような手間ひまがかかるアプローチ法は、従来の整体院にはないスタイルなので、最初はなかなか理解されず悩みました。
ですが、実際に受けていただき、その効果を実感した方からの紹介も増え今では、何度もくり返す不調に悩む多くの方に来院いただいてます。

あおば整体院の
挑戦

私たちは今、新たな取り組みに挑戦しています。

それは、『トライアングル整体』によって、痛みやコリを何度もくり返す人たちを元気にすること。
そして『朝が来るのが楽しみ』そんな人を増やすこと。

私たちが目指すのは、『症状改善』ではなく『健康を手に入れる』ことなのです。

症状改善は、痛みやコリを取り除くことを意味しますが、
健康を手に入れることは、症状に悩まされることなく、毎日を笑顔で過ごすことを意味します。

施術で症状が改善されるのは当たり前。
私たちが欲しいのは、その先にある夢や希望が持てる健康的な毎日。
何度も起きられなくなった経験をもつ私だからこそ、この方法で多くの方を元気にしたい。

膝の痛みを取るだけでなく、
膝の痛みを感じることなく、また走れる喜び
そして諦めていたマラソン大会に出場する

あおば整体院は、そんな夢を叶える場所にしたいのです。

ぜひ、私たちにあなたの夢や希望を聞かせてください。
そして二人三脚でそのゴールに向かって歩いてみませんか。

何度もくり返す痛み、コリでお悩みなら
お気軽にご相談ください。

これまでの人生経験と強い想いで、心をこめて対応します。