群発頭痛とは(原因・症状・治療など)分かりやすく解説

突然のように強烈な痛みが発生する『群発頭痛』
頭痛の中では、患者さんの数が少ないと言われますが。
突然の痛みは避けたいもの。

この記事では、そんな群発頭痛に悩むあなたの参考になるよう
三軒茶屋駅周辺でクチコミ評価1位の整体院長が群発頭痛の原因・症状・治療法などについて分かりやすくお話していきます。

そもそも群発頭痛とは?

片方の目の奥から米神にかけて、突き刺すようなスルドイ痛みを発生するのが特徴の頭痛です。

主な特徴としては

  • ある期間に集中して発生
  • 15分~3時間くらい痛みが続く
  • 発作は1日に数回~数か月続く場合も
  • 20~40代の男性に発症例が多い

では、どうして群発頭痛になってしまうのでしょうか?

群発頭痛の原因

群発頭痛の原因は、残念ながら現代医学ではハッキリしていません。

しかし、こんな流れで痛みが発生するのでは? という説が有力とされています。

いくつか考えられますが、代表的なものは

・脳の視床下部が刺激され三叉神経が痛みを感じる
・三叉神経周辺の血管が拡張
・この拡張により痛みが発生

そしてこの痛みを引き起こす原因として

  • アルコールの過剰摂取
  • タバコや気圧の変化
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足(昼夜逆転など)

では、この群発頭痛の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

群発頭痛の症状

群発頭痛の代表的な症状は、つぎのとおり

  • 毎日ほぼ同じ時間帯に痛みが発生
  • 特に寝た後に起こることが多い
  • 痛みが激痛なため、長引く場合は性格の変化がみられることも
  • 1回痛みが発生すると1~2ヶ月程度、毎日のように続く

つぎに、病院での検査や治療法についてみていきましょう

病院での検査や治療

群発頭痛の病院での検査は、一般的にはこのような内容となります。

群発頭痛の検査

群発頭痛の基本的な検査は問診が中心。
しかし、頭痛にはクモ膜下出血など大きな病気との関連性もあるため、頭部CTやMRIなどの画像検査と問診を組み合わせて診断されます。

そして群発頭痛と診断されたあとの治療法は?

群発頭痛の治療

病院での群発頭痛治療の基本は、投薬治療となります。
しかし、痛みが激しいことから内服薬などでの即効性は期待できない場合が多い。

連日の痛みになる場合は、自宅などで自己注射を指導される場合も。

投薬治療以外には、禁酒や喫煙を促されることがほとんど。

当院における群発頭痛の施術には『あおば式トータルケアメソッド』を活用します。
あおば式トータルケアメソットについて詳しく