頭痛薬の飲み過ぎはキケン | 薬物乱用頭痛とは

『薬を飲んでいるのに頭痛が治らない』
『昨日も今日も頭痛薬、でも効かない』

じつはソレ、薬が頭痛を発生させてしまっているかもしれません。

あなたは『薬物乱用頭痛』というコトバを聞いたことありますか?

この記事では、三軒茶屋駅周辺でクチコミ評価1位の整体院長が薬物乱用頭痛について、分かりやすくお話していきます。

そもそも薬物乱用頭痛とは?

仕事や家事ができなくなってしまうほどの頭痛。
そのようなツライ頭痛を経験すると『頭痛薬に頼る』ことが習慣化してしまう方も少なくありません。

そして薬がだんだんと効かなくなってくる。
この状態こそ、薬物乱用頭痛(薬の飲みすぎ)なのです。

ではどれくらいの頻度だと頭痛薬の飲みすぎになるの?と思われますよね。

一般的な目安は『月10日以上の頭痛薬服用』です。

では、この薬物乱用頭痛の症状にはどのようなものがあるのか?

薬物乱用の症状

薬物乱用頭痛は、病院で処方される薬だけでなく一般の頭痛薬でも起こる可能性があります。

そして、薬物乱用頭痛の代表的な症状は、つぎのとおり

  • 以前からときどき頭痛がおこる
  • 月の半分(15日以上)頭痛がある
  • 3ヶ月以上前から頭痛があり、月に10日以上頭痛薬を飲んでいる
  • 今まで効いていた薬が効かなく感じる

つぎに、病院での検査や治療法についてみていきましょう

病院での検査や治療

薬物乱用頭痛の病院での検査は、一般的にはこのような内容となります。

薬物乱用頭痛の検査

薬物乱用頭痛の基本的な検査は問診が中心。
そして、薬物乱用頭痛と判断した場合には、まず薬の中止を指示されるのが一般的です。

薬物乱用頭痛の治療

薬の使用を中止すると、頭痛が発生したり(これを離脱頭痛と呼びます)薬を飲んでいな不安感に襲われる場合があります。
そのような症状がある際には、薬物乱用頭痛の原因とならない薬剤や予防薬を処方されることも。

当院における群発頭痛の施術には『あおば式トータルケアメソッド』を活用します。
あおば式トータルケアメソットについて詳しく