坐骨神経痛

『お尻から足にかけてのニブイ痛みやしびれ』
『座っているだけで、足先までピリピリ』

経験した人でないと分からない、あの不快感。
あなたもそんな症状に苦しみ、このページにたどりつかれたと思いいます。

そして長引く症状に『このまま治らないのでは?』と感じているかもしれませんが『安心してください

三軒茶屋あおば整体院には年間約2,500人の方が来院され、みなさん笑顔を取り戻しています。

この記事では、あなたが坐骨神経痛の悩みを解消し笑顔を手に入れるための。

  • なぜ坐骨神経痛になってしまうのか?
  • どうすれば症状を改善できるのか?
  • 坐骨神経痛不調がなかなか改善できなかった理由

についてお話しさせていただきます。

坐骨神経痛に悩む人の数

まず、あなたと同じ坐骨神経痛に悩む方の人数について、お話していきます。

平成29年度の厚生労働省のデータによると、坐骨神経痛の患者数は244,000人。


(参考:住田医師による坐骨神経痛記事)
さらに民間調査会社のアンケートデータによると、病院を受診しない方も含めた推定患者数は、約200万人とも言われています。

特に40代以上の方に多くの発症例が報告されています。

では、この坐骨神経痛とはいったいどんな病気なのでしょうか。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは腰から足にかけて伸びている神経のなかで最も太く長い神経。
その太さは、大人の小指ほどにもなります。
この坐骨神経がいろいろな原因で『圧迫』や『刺激』をされると、痛みやしびれが発生。

この症状をまとめて『坐骨神経痛』とよびます。

そして大切なポイントが坐骨神経痛は病名ではないということ。

痛みやしびれの症状名で坐骨神経痛を引き起こす病名はいくつかあり、そ代表的なものとして

  • 梨状筋症候群
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離すべり症

などの整形外科的疾患です。
これらの症状についてもっと詳しく

このような症状が発生した時、病院を受診するのは一般的。
病院ではどのような対応をするのでしょうか?

坐骨神経痛で病院を受診すると?

あなたが坐骨神経痛を疑い病院を受診すると
まず画像検査(レントゲンやMRIなど)をするのが一般的です。

そして、この検査で『椎間板が薄くなっている』とか『ヘルニア気味』などの判断のみで、痛み止めや湿布の処方で様子を見るように言われることも多いです。

そして言われた通りの対応をしても『まだ痛い。。。』
どうして、そのようになってしまうのかというと。
以前は有力視されていた『椎間板ヘルニアによって坐骨神経が圧迫』
この考えに誤りがあることが最近の研究でわかってきたのです。

腰痛も同じ傾向になるのですが、筋肉や骨の問題以外に
心理的、社会的な要因、脳の機能の問題も症状と大きな関係があること
が判明し、世界各国の診療ガイドラインにも記載されるようになってきています。

これらのことから、症状の発症する以前の状態

  • 生活習慣や環境の変化
  • 考え方のクセ
  • 呼吸の状態
  • 体の使い方

などの検査も必要なのですが
毎日多くの患者さんが訪れる整形外科の外来では、時間をかけて細かく対応するのは実質的に難しいのが現状。
では、あなたはどうすればいいのでしょう?

あおば式メソッドで坐骨神経痛を改善

あなたの身体に負担をかけず長引く坐骨神経痛を改善するためには
あおば式トータルケアメソッド』が効果的です。

あおば式トータルケアメソッドとは?

なぜなら『坐骨神経痛の原因は1つではない』から

坐骨神経痛の大きな原因である『姿勢』や『食生活』そして『ストレス』
残念ながら、これらの原因を施術ですべて取り除くのは難しい。

しかし、原因が発生しダメージ受けたとしても『影響を少なく』したり『回復を早めたり』することはできます。

坐骨神経痛の原因をすべて取り除くだけでなく、ダメージに強い身体作りをする。
これが三軒茶屋あおば整体院のスタイルです。

あなたの身体は今『SOSを出しています
ぜひ、そのサインを受け止め、一緒にあかるい笑顔を取り戻しましょう。