片頭痛とは? 原因から対処法まで分かりやすく解説

三軒茶屋で片頭痛に悩むあなたへ

困った女性

頭痛薬が手放せない


困った女性(右)

まわりに理解されなくてつらい


困った男性

病院に行ったけど、改善しない

片頭痛の悩みで来院される方の多くが、長引く症状に苦しんでいます。
この記事を読んでいるあなたもそうかもしれませんね。

片頭痛に限らず頭痛の症状はながびく傾向が強く、改善のためには病院や整体院の受診とあわせ、日常生活の見直しも大切になってきます。

そこで、この記事では慢性的な片頭痛について、発症のメカニズム原因検査治療法などを分かりやすく解説します。

片頭痛はどうして起こるの?

片頭痛は、脳の太い血管が拡張し(ひろがり)、その周囲をとりまく三叉(さんさ)神経が刺激されて起こると考えられています。

なぜ脳の血管が拡張するのか?
これにはいろいろな説があり、まだハッキリとは、原因がわかっていません。

その中でも有力視されているのが『三叉神経血管説

脳内のどこかに片頭痛を起こす発生器がある

  • そこからの刺激が伝わり、神経伝達物質を放出
  • 血管が拡張
  • その刺激で血管周囲に炎症が発生
  • その興奮が脳に伝わり頭痛となる

このような流れが三叉神経血管説です。

そして片頭痛には、このような特徴があります。

  • 頭痛前の体調の変化
  • 多い前兆は閃輝暗点(せんきあんてん)
  • 感覚障害はチクチク
  • 前兆は20~30分

それぞれについてくわしく見ていきましょう。

頭痛前の体調の変化

片頭痛は2つのタイプがあります。

  • 前兆のある片頭痛(全体の20~30%)
  • 前兆のない片頭痛

頭痛の直前に起こる前兆には

  • 視覚障害
  • 感覚障害
  • 失語や片麻痺(まれに)

があります。

多い前兆は閃輝暗点(せんきあんてん)

もっとも多い前兆は、閃輝暗点(せんきあんてん)とよばれ、目の前に歯車のようなチカチカとした光が見え、視界が欠けるといった症状です。

感覚障害はチクチク

感覚障害では、チクチクやピリピリといった感じが、顔や腕にでます。長くなると1時間も症状が続きます。

前兆は20~30分

前兆が持続する時間は、たいてい10~60分の間。
年齢を重ねると、これらの前兆が変化することもあります。

片頭痛の原因

片頭痛の原因は、いくつか考えられますが、代表的なものは

  • 脳の視床下部が刺激され、三叉神経に炎症がおきて頭痛となる
  • 脳の血管が急激に拡張し、脈打つような痛みとなる

これらが有力とされますが、残念ながらはっきりとした原因は解明されていません。

しかし、脳の視床下部は自律神経睡眠食欲ホルモンの分泌などをコントロールしているため

  • 寝不足や寝すぎ
  • 空腹や疲労
  • ストレス
  • 大きな音、強い光、強いにおい
  • 人混み、気圧・温度・湿度の変化
  • 飲酒や喫煙
  • 出産、更年期、月経や排卵

などの日常生活の行動環境の変化女性ホルモンの変動などが、片頭痛の原因と関連すると考えられています。

ほかにも

  • 電車などの移動中に見る窓越しの風景
  • 車やバスなどのエンジンの振動

なども脳の刺激につながるため、頭痛の原因と考えられています。

では、この片頭痛の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

片頭痛の症状

片頭痛の代表的な症状は、つぎのとおり

  • 片側または両方のこめかみから目のあたりが脈を打つように痛む
  • 個人差が大きいが月に1~2度、週に1~2度と周期的に発生
  • 痛みは1~2時間でピークに達して4時間程度で終わる
  • 3日~4日ほど痛みが続くこともある
  • 体を動かすと痛みが増し、吐き気、嘔吐、下痢といった症状がある
  • 人によっては、ギザギザした光が見える
  • 生あくびを繰り返したり、手足がむくむといった痛みの予兆がある

片頭痛の種類と原因を理解したあとは、いよいよあなたの片頭痛をどう改善していくのか?です。

慢性的な片頭痛の改善方法

慢性的な片頭痛の改善には、3つの方法があります。

それぞれについて、もう少し細かくみていきましょう。

病院を利用した片頭痛の改善法

病院での片頭痛の改善法は、一般的にはこのような内容となります。

片頭痛の検査

片頭痛の基本的な検査は問診が中心。
しかし、頭痛には大きな病気との関連性もあるため、頭部CTやMRIなどの画像検査と問診を組み合わせて診断されます。
そして片頭痛と診断されたあとの治療法は

片頭痛の治療

病院での頭痛治療の基本は、投薬治療となります。

三叉神経周辺の炎症をおさえ、脳の血管を収縮するトリプタンを使用することが多く、服用して約30分で薬の作用が現れます。
『トリプタン』には、水がなくても飲めるタイプや、吐き気があるときにも使える点鼻薬もあります。

トリプタン系の薬
  • スマトリプタン
  • ゾルトリプタン
  • エレトリプタン
  • リザトリプタン
  • ナラトリプタン

ただし、高血圧や心疾患、脳血管障害、肝臓病などがある場合は、薬の使用には注意が必要です。
また、一般的な痛み止めの非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)も多く処方されます。

整体院を利用した片頭痛の改善法

これまでお話した通り、頭痛の原因は1つではありません。
コリをほぐし姿勢を改善しただけでは、頭痛が治らないことも多いです。
あなたの長引く頭痛を整体院で改善するためには、いろいろな角度からのアプローチがかかせません。
そこで当院では『身体再生プログラム』により、体質改善も含んだ頭痛の対応を行います。

身体再生プログラムについてくわしく

セルフケアでの片頭痛の改善法

片頭痛には、さまざまな誘発因子いわゆる『頭痛スイッチ』があります。
このスイッチをONにするような生活習慣を避けるためには、つぎのようなケアをおすすめします。

  • 精神的なストレスをさける
  • 過度の飲酒をさける
  • 頭痛を引き起こす食材(赤ワインやチョコレートなど*)をさける
    *血管を拡張させる働きがある『ポリフェノール』を多く含む食品は、片頭痛を引きおこすといわれています
  • 睡眠を改善する

このほかにも詳しく知りたい方は、こちらもおすすめです。

書籍「あきらめていた頭痛がウソのように消える」

価格:
480円(税込)

『頭痛薬が手放せない』
『痛みがひどく寝込んでしまう』
『病院に行ったが改善しない』

長引く頭痛をはじめ、のべ30,000人超の施術実績を誇る著者が
自分でできる頭痛改善法を食事・セルフマッサージ・ストレス解消の3方向からわかりやすく解説。

だれでも簡単に取り組める内容で『1分ですぐ効く頭痛撃退法』まで掲載!

長引く頭痛にお困りなら、どこからでもいつでも始められる
自分でできる頭痛治療を知りたい方におすすめです!


LINEで予約する