緊張型頭痛とは? 原因から対処法まで分かりやすく

緊張型頭痛は、慢性的な頭痛で悩む方の約7割をしめると言われている疾患です。

この記事では、そんな緊張型頭痛の原因・症状・治療法などについて分かりやすくお話していきます。

そもそも緊張型頭痛とは?

強い緊張感や大きなストレスが関係している頭痛が、緊張型頭痛です。

そして頭痛の起きる頻度によって、次の3種類に分類されます。

緊張型頭痛の種類

・稀発反復性緊張型頭痛
・頻発反復性緊張型頭痛
・慢性緊張型頭痛

おもな特徴として。

  • 頭全体や後頭部から首にかけての締めつけや圧迫感
  • 拍動感(ズキズキする感じ)はない
  • 精神的なストレスや一定の姿勢を長時間継続で痛みが発生
  • 疲労による筋肉の緊張や血管の圧迫でも痛みが発生
  • 中高年に発症例が多い
  • パソコンの使用頻度が高い若年層にも増加傾向
  • 片頭痛とあわせて発症するケースもある

では、どうして緊張型頭痛となってしまうのでしょうか?

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因は数多くありますが、代表的なものとして

  • 長時間のパソコン
  • スマホやゲームの長時間使用
  • 車の運転などで不自然な姿勢を長時間続ける

ことなどが考えられ、前かがみやうつむき姿勢がきっかけで痛みが発生する場合も。

またこれら以外にも

  • 体の冷えなどによる身体的ストレス
  • 不安や緊張、仕事のプレッシャーなど

これらのストレスで神経や筋肉の緊張を高め、痛みを発生する場合も。

残念ながら緊張型頭痛のメカニズムは完全には解明されていないのが現状。

しかしながら、現在医学的に考えられている原因として。

  • 交感神経の過剰
  • 筋肉の緊張による血管の圧迫
  • 血液循環の不良

などによって痛みが発生すると考えられている。

また頭痛の原因はタイプ別に異なっていて
頭痛の頻度が少ない反復性緊張型頭痛
肩こりなど筋肉の緊張が原因
頭痛がほぼ毎日の慢性緊張型頭痛
筋肉の緊張といあわせ精神的なストレスも大きく関連している

では、この緊張型頭痛の症状にはどのようなものがあるのか?

緊張型頭痛の症状

代表的な症状は、つぎのとおり

  • 頭の両側が締めつけられるような痛み
  • 痛みは個人差があり、数十分~数日間持続
  • 後頭部から首にかけて圧迫感
  • 帽子で頭が締めつけられる感じと表現される
  • 拍動性や吐き気、嘔吐などの随伴症状はない
  • 動いてもひどくはならなので日常生活に大きな支障はない
  • 頭痛以外に、首や肩、後頭部のこり、めまいなどをともなう
  • ストレスの影響がある夕方の時間帯に痛みを感じる
  • 首のこりが片頭痛の前兆であることも

つぎに、病院での検査や治療法についてみていきましょう

病院での検査や治療

緊張型頭痛の病院での検査は、一般的にはこのような内容となります。

緊張型頭痛の検査

緊張型頭痛の基本的な検査は問診が中心。
しかし、頭痛には大きな病気との関連性もあるため、頭部CTやMRIなどの画像検査と問診を組み合わせて診断される。

そして緊張型頭痛と診断されたあとの治療法は?

緊張型頭痛の治療

病院での頭痛治療の基本は、投薬治療となります。

  • 鎮痛薬
  • 筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬
  • 漢方薬
  • 必要に応じて不安やストレスを取り除くための抗うつ薬など

ただし、薬はあくまで痛みをおさめるだけのもの(対症療法)。根本的な解決のためには、緊張を高めないようリラックスできる時間を持ち、生活習慣そのものを改善することが大切となります。

当院における緊張型頭痛の施術には『あおば式トータルケアメソッド』を活用します。