食べてもコラーゲンは摂れません

※こちらの記事は、ラジオ番組『大人の健康教室』の台本を掲載しています。

おはようございます、高田です。
今日も『大人の健康教室』に耳を傾けて頂き
本当にありがとうございます。

この放送は『朝が来るのが楽しみ』そんな人を増やしたい。
こんな想いを持った整体院の院長が、毎朝7時にお届けしています。

今日は『食べてもコラーゲンは摂れません』こんなテーマでお話していきます。

コラーゲンと聞くと『お肌に良くて大切』こんなイメージかもしれません。
そして、手軽にコラーゲンが摂れるという宣伝文句のサプリなどが山のように。
でもこのコラーゲン、実は食べるだけではダメなんです。
今日はそのあたりを詳しくお話していきます。
ぜひ、最後まで楽しんで聴いて頂けると嬉しいです。

また、文章が苦手という方は 食べてもコラーゲンはとれません(大人の健康教室)← クリックすると
同じ内容を音声で聴くことができます。

ビタミンCとたんぱく質を一緒に

そもそもコラーゲンとは、どういったものなのか?

・細胞同士をつなぐ接着剤の役割
・結果や筋肉、骨、皮膚など身体の組織を維持する
・肌のみずみずしさを保つ働き

これらの特徴から、美容目的でコラーゲンを含む
食品やサプリメントを積極的に摂る人が多いです。

しかし、コラーゲンは体内で作られる成分のため
ただ、外から摂るだけではあまり意味がありません。

ではどうすればいいのか?
それは、コラーゲンの生成を助ける栄養素を一緒に摂るようにする。
具体的には、どんな栄養素を摂ればいいかと言うと
まず一つ目が『ビタミンC』です。

ビタミンCは、体内で作り出せないため、
野菜や果物などから摂取するしかありません。

長期間にわたってビタミンCが摂取できないとコラーゲンの生成が進まず
全身から出血が起こるような病気にかかるおそれまであるのです。

そして、もう一つ大切なのが『たんぱく質』
たんぱく質は、コラーゲンの生まれ変わりを助ける働きがあります。

食事から十分なタンパク質をとることで、
古くなったコラーゲンが分解され新しいコラーゲンが作り出されます。

これらの仕組みから、コラーゲンをただ摂るだけでなく
ビタミンCとたんぱく質を意識するようにしましょう。

ということで、今日のお話は、ここまでとなります。

そして、いつも『いいね』『コメント』を頂き、
本当にありがとうございます。
みなさんの応援が、とても励みになっています。

今日も最後までお聴きいただき、ありがとうございました。
それでは、素敵な一日をお過ごしください。

トライアングル整体の院長、高田がお届けしました。
ではまた。