腰痛と姿勢の関係を徹底解説

腰痛と姿勢の関係とは?

腰痛の原因は生活習慣?
あなたが腰痛になるのは、どんな時でしょうか?

  • 長時間歩いた後
  • 激しい運動の後
  • 重たい荷物を持ったとき

たしかに、腰に大きな負荷がかかると腰痛になるケースは多いです。
しかし、原因は1つだけではありません。

デスクワークは重労働

座っているだけで腰痛に?
あまり知られていない事実ですが、実は……
座っているのも重労働なのです
腰痛で来院される患者さんに、よくこんなお話をします。

ドクター(左)

姿勢や動作によって腰にかかる負担は異なります。
普通は、立っているときより座っている時の方が、腰にかかる負担が大きいのです。


困った女性(右)

えっ…… そうなんですか

そうした腰に負担がかかるいろいろな要因が、いくつも積み重なると
あなたの腰痛が慢性化してしまうのです。

日常生活のなかで腰にどれだけ負担をかけているか?
これを意識することが、腰痛改善には大切になります。

前かがみに要注意

腰に悪い姿勢とは?
腰に悪い姿勢とは?
こんな質問をされたら、あなたは答えられますか。

答えはズバリ。
身体の一か所に負担がかかりつづける姿勢です。

例えば長時間イスに座り続けること。
この姿勢は、上半身の体重を腰だけで支える状態なのです。

こう考えると、腰にかかる負担が大きいのもわかりますよね。
そして、もっとも負担をかける姿勢が『前かがみ』なのです。

慢性的な腰痛で悩む方は、前かがみになると痛いという方が多いです。

なぜ、前かがみは腰に悪いのか?

いくつか理由はありますが、一番大きな要因は
身体が斜めに傾くことで、約5㎏ある頭を含めた上半身をささえるから。

腰痛を繰り返すあなたには、座り続けたり、前かがみで作業する時間をできるだけ少なくするよう心がける。

これこそが、腰痛を繰り返さないポイントとなります。

ウェブ限定特別クーポン

末まで 初めての方1日2名限定

当院の施術であなたの症状が改善可能かどうかを判断させていただきたいので、当サイトからのご予約に限り検査料の割引をいたします。

ご希望の方は予約の際に『ホームページ割引希望』とお伝えください。


LINEで予約する


ネット予約


電話をかける


三軒茶屋あおば整体院の地図