間違ったストレッチは、肩こりを悪化させる?

肩こり解消にはストレッチが良い。
これは多くの方が知っている正しい知識。

ですが、そのストレッチが逆効果となり
かえって肩こりを悪化させてしまう
こんな事があるのをご存じですか?

この記事は、これまで1万人以上の肩こり患者さんを笑顔に導いてきた
三軒茶屋あおば整体院の院長が書きました。

肩こりが、なぜひどくなってしまうのか?

先日、来院された患者さんから
『肩こりに効くストレッチをYouTubeでみて試したのですが、かえって痛くなってしまったんです』
こんな話を聞きました。

実はこういった相談、すご~く多いんです。
ではいったい、何がイケなかったのか?

それは『ストレッチは十分に伸ばすもの』
こう単純に思っている点にあります。
ストレッチは、やり方ひとつで逆効果になることも多いのです。

本来ストレッチは、凝り固まった筋肉を伸ばすことが目的です。
通常の身体の状態であれば、ストレッチにより筋肉が伸び効果もあるのですが

長年の肩こりの悩む方の多くが、首や肩の関節の動きまで悪く
想像以上に筋肉が固くなり伸びない状態になっています。

この状態で無理に筋肉を伸ばしてしまうと
コリを悪化させるばかりでなく、筋肉そのものを痛めてしまう可能性が高くなります。

例えば、ストレッチが効果的だからといって
長い期間カチコチだった筋肉を急に伸ばしたらどうでしょう?

筋肉がビックリしてしまい、余計に縮こまろうとするかもしれません。
なので、ストレッチを行う時には、この3つに注意しながら行うようにしましょう。

  1. 力まかせで行わない
  2. 正しい姿勢で行う
  3. 呼吸をとめない

ということで、今日のお話は、ここまでとなります。

そして、いつも『いいね』『コメント』を頂き、本当にありがとうございます。
みなさんの応援が、とても励みになっています。

今日も最後までお聴きいただき、ありがとうございました。
それでは、素敵な一日をお過ごしください。

トライアングル整体の院長、高田がお届けしました。
ではまた。